ホーム おまかせ 講習 & エッセイ プロフィール コンタクト リソース English


 

 

講習とエッセイのページ   ホーム

 

 

プラシタス通信 2014年4月

 

 

 

 

後藤王重 ごとうきみえ

チャネル ティーチャー スピリチュアル・カウンセラー ヒーラー

アメリカ ニューメキシコ州 プラシタス

 

プラシタスの馬はおおかた駆除されて、どこかに移されるか、一部は殺されてしまいました。 わたしは、ひたすら、さびしいです。

 

少数ながら馬はまだいて、お母さんは、今年も子馬を産みました。 春分のころ産まれました。 こころ安らぎます。

 

すべての馬を駆除しないでほしいと願っています。 オーブの皆さんも、馬がいるとそれはたくさん、嬉しそうに映ります。

 

馬は馬のたいせつなお役目をしていると想います。 すべての馬を駆除するという極端なことは、ひとにしないでもらいたいと願います。

 

馬も自然の一部、村のたいせつなメンバーです。

 

 

 

2014年春分の日 チマヨ

 

 

 

 

 

この木にはいつもひかりが映ります。

 

今回はひときわ強いひかりで、ふたつ重なっておられます。 奥のひかりは、グリーンがかかっています。

 

4月は日本に行きます。

 

新しいホログラムを降ろす助けをする役目もあるようです。

 

新しい日本、刷新するひとの意識・・ たしかに国は乱れ、ひとのこころも乱れたのでしょう。 

 

たかくらじ 高倉下のようなかたも顕れます。 昔、剣を天から降ろされたかたのようです。

 

国が乱れ、ひとのこころが乱れる時(自分を、ほんとうにたいせつなものを見失うとき)、このかたが顕れ、天から剣(真理)を再び降ろし、国も、ひとの意識も、刷新が起こっていくよう、顕れるようです。

 

今回は、その助けもあり、日本に行きます。 できることで、お役にたてるように、いろいろな場所で瞑想チャネルしていきます。

 

愛知県一宮市産業体育館で、4月6日午前10時から正午まで、新しいホログラムを降ろすようなチャネル瞑想をします。

 

どうぞご参加ください。

 

プラシタスから馬がいなくなって、おおくのひとの意識は、馬は環境に害で断固駆除するもの、実際駆除してしまったことに、ショックを受けています。

 

野生の動物は自然に必要です。 人間にとって都合が悪いかもしれないですが、自然、環境に害ではありません。 人間に都合の悪いものは、駆除するというひとが、たくさんいることが、悲しいです。

 

共存できるのに。 

 

それでいまは悲しいですが、悲しくてしかるときは、悲しくいようと想っています。 悲しい時に、一生懸命元気でいることもないかなと想います。

 

馬がすっかり駆除されていなくなってしまったのかなと想って、悲しかったですが、昨日、少し残っている馬のグループの、お母さん馬と子馬を観て、元気でました。 このグループは、子馬が産まれて5頭になりました。 このグループは村に残してほしいです。

 

 

 

 

ふくろう Owl です。

 

ポーチで、うさぎが子を産みました。

小さいのがちょこまかしています。

猫さんたちも、この小さな生き物に興味深々です。

 

今日は暖房のボイラーをシャットオフしました。

 

春がまた来て、家もやることが変わってきます。

草もはえてきて、草とりをして、もう少し暖かくなると、ペンキ塗りができます。

 

家があり、田舎暮らしをしていると、毎日の手入れやなんやかやで、やることはたくさんあります。

 

毎日の生活を丁寧にすることは、癒しと想います。 いろいろにうまくいかないことがありますが、こころをオープンして、希望を保ちたいと想います。

 

毎日の生活をたいせつにして、今日一日できることをしています。

 

なにかが起きていることはわかります。 意識やからだ、こころの Quantum Leapのようなことが起きていて、エゴはとりのこされるような不安があるのか、症状的には、おちこみやすかったり、アレルギー反応として出たりとかあるのではないかと想います。

 

2012年冬至の新しい時代のはじまりから、約1年ですが、そろそろ具体的に意識やからだ、こころに変化が出てきていて、自己が変化に不安を覚えると、心身ともに不安定になるのではないかと推測しています。

 

これが自分にとってどういうことなのか、自分が通っていってみるしかないと想います。 まあだから、不安やおちこみを受け入れてやっています。 毎日の生活で、家の手入れやなんやかやで、やることがあり、それに助けられている感じはします。

 

馬はいなくなりましたが、うさぎは子を産み、ふくろうもいる。 アレルギーもよくなってきて、猫さんたちにふれることも、まあできる。

 

仕事や自分のありかたの変化のただなかで、変わらないことがあります。 毎日の生活は、変わりなく、つつがなく。 毎日の生活に助けられて、今日も生きている。

 

自分がどこかに向かっているのは、確かな感覚があります。 ただそれがどこかがわかっていないだけで。 自分はどこかに向かっている。

 

その方向性は、Quantum Life だということですが、Quantum Life がどういうことなのか、自分にとって具体的にそれがなにか、自分でいまやってみているということです。

 

将来 Quantum Life に興味を持つひとたちの、具体的なアドバイスをすることにもつながるかもしれないですし。

 

いますべてがオープンの状態です。 まったくの自由という感覚。 とりあえずお金に困らないことには、こころから感謝しています。

 

でもお金に困る状態であれば、それはそれで、もっと外に出てひとに会い、仕事を探すという行動に出るので、それもいい面があります。

 

自分のおかれた状況で、どういう風にでも、ハッピー、バランスよくいられると想います。

 

 

 

2014年3月25日午前6時半夜明け

不思議な写真です。

オーブが地からまっすぐに Shoot Up 出ているように観える。 このような写真ははじめて映りました。

 

プラシタスは不思議な場所です。

いろいろありますが、プラシタスの不思議さに支えられてこの地に魅せられ、13年住んでいます。

 

ニューメキシコの核廃棄所で火災があり、南のほうでは放射能漏れが起きています。 風は東に吹くので、テキサスやオクラホマのほうに、核汚染はひろがっていきます。

 

ひとがつくったものは壊れます。 核の設備も壊れます。 壊れたときに、対処できるのか? 核汚染の問題にどう対処するのか? みなの課題と想います。

 

プラシタスの馬は引き続き他の場所に移されて、一部は殺されるようですが、いかがなるものか? 

 

野生の馬に対する対処、核汚染に対する対処、違うようにみえても、ひとがどう問題に対応するか、ひとの意識はいつもテストを受けている。

 

 

ひかり 後藤王重

 

 

Namaste Peace Love

 

 

    

 

 

ひかり 後藤王重  ごとうきみえ

 

ソウル アカシック・レコード 宇宙におまかせリーディング おまかせセッション

 

スピリチュアル・カウンセリング  ヒーリング

コンシャス・チャネル 瞑想 霊気

西洋 ベーディック  マヤ 占星術

Ordained Minister  MBA  BS-Mathematics

 

アメリカ ニューメキシコ州 プラシタス

 

Email:  harmonion@gmail.com

日本語 Web http://www.harmonion.com/japanese.html

英語 Web http://www.harmonion.com

 

 

 

講習とエッセイのページ   ホーム

 

 


 

ホーム アストロロジー   ヒーリング  カウンセリング & カタログ Sister

講習 & エッセイ プロフィール コンタクト リソース English

  

 

Copyright © 2014 Kimie Goto 後藤王重All Rights Reserved.